qa

予約について

予約は入れたほうが良いですか?
当店は完全予約制となっております。基本的に前日までのご予約となっております。来店したい日にち、時間が決まっているようでしたら早めのご予約をおすすめいたします。お気軽にお電話でお尋ねください。
すいている曜日、時間はいつですか?
日によって違いますが、平日の午後が比較的ゆったりとしていることが多いです。
土日・祝日は混みあうことが多いため、早めのご予約をおすすめいたします。
それぞれのメニューにかかる大体の所要時間はどのくらいですか?
混雑の状況により異なりますが、以下が目安です。
● カット → 1時間
● パーマまたはカラー+カット → 2時間~2時間半
● 縮毛矯正 → 3時間
何時までやっていますか?
火~日曜日 20時まで営業しております。ラストオーダーは以下のとおりです。
● カット → 19時
● パーマまたはカラー → 17時半
● 縮毛矯正 → 16時半
早朝に予約できますか?
営業時間外のご予約も受け付けております。
その場合時間外料金として30分毎に500円頂きますことをご了承ください。
事前のご予約であれば出来る限り対応しますので、お気軽にご相談ください。(※10日前までのご予約をお願いします)

施術について

雑誌の切り抜きなど希望の髪型を持参したほうがいいですか?
お好みの髪型がある場合はお持ちいただけると嬉しいです。
パーマとカラーは一緒にしても大丈夫ですか?
基本的に同日施術はおすすめいたしません。
両方のクオリティの低下、髪への負担もかかります。
ただし、内容によっては同日にできる場合もありますので、お気軽にご相談ください。
お客様一人一人に合わせてベストな施術を提案させていただきます。
パーマとカラー、どちらを先にするのがいいですか?
パーマを先にした方がよいと思います。
理由は、カラーを先にすると、パーマによって色が変化してしまうからです。
ただし、髪の状態にもよるので一概には言えません。事前にご相談くださいね。
パーマやカラーした日にシャンプーしてもいいですか?
できれば24時間以内のシャンプーは避けましょう。
全ての施術が終わっても、実は髪の内部ではまだ反応が続いています。定着のためにも一日はおいてください。
施術後一週間は髪がデリケートな状態です。この期間のケア次第で色持ちやパーマの持ちが変わるといっても過言ではありません。
トリートメント後に保湿剤をつけて、しっかり乾かして寝るなどのケアをしてあげてくださいね。
妊娠中にカラーやパーマをしても大丈夫ですか?
特に問題ありません。
ただし、つわりの時期などは薬剤の匂いで気分が悪くなったり、長時間同じ姿勢でいることも母体への負担となる可能性があります。
できれば安定期に入ってからの施術をおすすめいたします。
パーマとデジタルパーマの違いは?
パーマは濡れた状態でかけるので、根元からふんわりかけられます。
デジタルパーマは熱を与えて、よりしっかりかける形状記憶パーマです。乾かした時、しっかりウエーブがでるので巻き髪風にしたい方におすすめです。
ストレートパーマと縮毛矯正の違いは?
ストレートパーマはかけたパーマをおとして元の髪に戻すことです。
縮毛矯正は元々のクセ毛をしっかりのばして真っ直ぐな状態を長期間保ちます。
やり直し、相談はできますか?
はい! 10日以内であれば、もちろん責任をもって対応させていただきます。
パーマが強い、弱い、カラーが思った色とは違う、スタイルがまとまらない、スタイリングがわからないなど、なんでもお気軽にご相談ください。
言いにくいと思わず、ぜひお願いいたします。

設備・サービスについて

小さい子供を連れてきても大丈夫ですか?
ご家族と一緒に来店されて待ち合いスペースでお待ちになる方も多いです。
小さいお子様のカットのみでのご来店も大歓迎です。
DVDプレイヤーをご用意しておりますので、お気に入りがございましたらぜひご持参ください。
気兼ねすることなく安心してお越しください。
駐車場はありますか?
お店のすぐ隣に2台分ご用意しております。
空いていない場合は、近くのコインパーキングをご利用ください。
駐車場代は、会計時にご返金させていただいております。
駐車場の場所等、ご不明な場合はお気軽にお尋ねください。

ケアについて

産後に髪がよく抜けるけど大丈夫ですか?
産後の抜け毛は一時的なものといわれています。
妊娠中はホルモンのバランスが変わり、実は髪が抜けにくくなっています。
産後は、そのバランスがもとに戻り、今まで抜けるはずだった髪がまとめて抜け出すだけなので、さほど心配する必要はありません。
顔まわりなどで生え変わりの短い髪が気になる方は、浮いてしまうのをパーマで抑えたり、前髪を作るなどのデザインチェンジでカバーしてもいいですね。
ノンシリコンシャンプーって何がいいんですか?
シリコンとは合成樹脂のことです。効果としては髪の表面に膜を貼り、手触りを良くすることが主な目的です。
ただし、使い続けるほど膜の層が厚くなりパーマやカラーに影響することも。毛根の根詰まりの原因にもなります。
シャンプーは「汚れを落とす役割」、トリートメントは「ダメージを修復する役割」。
シャンプーにはシリコンは入っていないほうが望ましいですね。
残念ながら市販のシャンプーには多量に配合されていることが多いのです。
ヘッドスパにはどのような効果がありますか?また、どのくらいの頻度で行った方がいいですか?
頭皮の脂汚れ、特に毛穴に詰まった過酸化脂質は、実はシャンプーではなかなか落ちません。脂を落とすには油で乳化して落とすしかないのです。メイクを落とすクレンジングオイルと同じこと。
ヘッドスパは天然のエッセンシャルオイルを使って頭皮をマッサージしながら脂汚れを乳化して取り除くことができます。これによって健康な髪が生える土台が作られるわけですね。
ただし、取り除いても生活していく中でまた少しずつ脂汚れは蓄積します。頭皮の臭いがしだすことも・・・。頻度は、サロンにお越しの際にスパをしていただくとよいのですが、脂性の方は月に一度くらいケアしてあげるのが望ましいですね。
サロンカラーとホームカラーの違いは?
サロンでカラーをする時は根元と毛先でカラー剤を変えて塗り分けをしますよね。それが大事です。
根元は明るくしたいのでパワーのあるカラー剤を、毛先は既に明るいので色味を足すだけのダメージレスなカラー剤を・・・というように髪への負担を最小限に抑えて出来るのがサロンカラーです。
それに対してホームカラーは、パワーのあるカラー剤で全体を塗るのでダメージは何倍にも・・・。さらには色ムラなどで修正が困難になるケースも多くあります。
実は市販されているホームカラーには、サロンで毛先に使用するようなダメージレスなカラー剤は販売されていないのです。根元と毛先では状態も違いますし、同じカラー剤では色味も合いません。カラーもサロンですることをおすすめいたします。
市販のトリートメントとサロンのトリートメントの違いは?
それぞれ、含まれる補修成分が違います。
市販のトリートメントは、リンス成分に少量のトリートメント(髪の補修成分)がはいっているものが一般的で、毛髪表面部分に働きかけます。
それに対してサロントリートメントは、毛髪補修成分の比率が高く毛髪内部にしっかりと働きかけ、効果の持続性も高くなっています。また、比較的誰にでもあうように作られている市販のトリートメントに比べ、サロントリートメントは髪の毛のプロである美容師がお客様の髪の毛の状態を判断し、あなただけの最適なトリートメントを処置することができるため、効果の違いがはっきり出てきます。
シャンプーやスタイリング剤を購入できますか?
もちろんできます。
数ある中から一人一人に合ったものをお選びします。
サロンに取り扱いがない商品でも取り寄せることができる場合もありますので、お気軽にご相談くださいね。